器工房つなぎ

出張陶芸教室

去る1月30日は、小倉朝鮮幼稚園さまにて、出張陶芸でした*\(^o^)/*




毎年、ご用命いただきありがとうございます✨

11名の皆さま、ワクワク、ドキドキ、それぞれ楽しんでいただけて、私たちもとても嬉しかったです💖



焼き上がりまで大切にお預かりさせていただきます✨

ご参加の皆さま、見守って下さった保護者さま、小倉朝鮮幼稚園さま、素敵な1日をありがとうございました*\(^o^)/*



☆幼稚園、施設、デイサービス、病院、会社、カフェなど、どこでも出張陶芸します☆

ご予算などお気軽にご相談下さい( ´ ▽ ` )ノ


お問い合わせ→ u_tsunagi☆yahoo.co.jp(☆を@に換えて下さい)

スポンサーサイト

陶芸教室募集のお知らせ


☆陶芸教室募集のお知らせ☆



会場 カフェゆるり さん
(北九州市八幡東区春の町2-10-17)

1/31(火)
招き猫作り(今年の干支でも可)
①10:30~11:30…満席
②14:00~15:00…3名募集

2/3(金)
ろくろでお茶わん作り(お皿でも可)
①10:30~11:30…3名募集
②14:00~15:00…2名募集


《共通》
参加費 3,000円(珈琲つき)
*焼き上がりは、3月以降にカフェゆるりさんに取りに来て頂きます


お問い合わせ: カフェゆるり さんmusubicafeyururi@yahoo.co.jp まで






今年初の展示会は、新春を寿ぐ作品展です。



「器工房つなぎの縁起物」展

会期: 2017年1月23(月)~28(土)10:00~17:00
会場: カフェ ゆるり さん
(北九州市八幡東区春の町2-10-17)

*駐車場は、近くのコインパーキングをご利用下さいませ


冬の厳しさに耐え、春に先駆けて咲き
身を結ぶ「梅」は、大願成就のおめでたい花。

本展では、「梅」をテーマとした新作の器や天神さまの置物など、新春を寿ぐ縁起物をお披露目します。

皆様のご来場を白象くんと天神さまとお待ちしております。

干支のワークショップ

12月3日、苅田町のTsuruカフェさんで開催した、干支作りのワークショップ、15体の酉さんが出来上がりました🐔



どのお作品も、来年にかける希望が詰まっております✨

ご家族さまでのご参加もたくさんいただき、家族団欒、話し合いしつつも、一人一人の個性を大切に、それぞれが仕上げていく、理想的なワークショップの形となりました💖





ご参加の皆様、Tsuruカフェの皆様、温かで幸せな時間をありがとうございました✨



Tsuru カフェさんへのお届けは、12月24日土曜日になります💖


心を込めて、パワーを入れてお仕上げ致しますので、お楽しみにお待ち下さいませ。



Tsuruカフェさん店内より

干支のワークショップ参加者募集中♫

【干支のワークショップ 参加者募集中】



日時: 12月3日(土) 15時~
作業時間30~60分ほど

会場: Tsuru cafe さん
福岡県京都郡苅田町富久町2-9-1

会費: 3,000円 (粘土&焼き代、ドリンク付)

*お渡しは、12月末になります
発送ご希望の方は、別途送料がかかります


2017年は、酉年です🐔

一年のはじまりに最も早く鳴く鶏は、縁起が良いといわれています✨

来年、一層羽ばたくために、ご自身の思いを込めた守護神となる酉さんを一緒に作りませんか?

アドバイスしながらお作りいただけますので、

「初めてですが、大丈夫ですか? 不器用です!」

と言われる方もご安心してご参加下さい( ´ ▽ ` )ノ





お申し込み先: 器工房つなぎ までu_tsunagi☆yahoo.co.jp
(☆を@に変えて下さい)






今年も佐賀バルーンフェスタに行きました( ´ ▽ ` )ノ






器×苔玉のワークショップ♪


【ろくろで器作り+苔玉作り】

今日は、器編と苔玉編の二回にわけて行ったワークショップの苔玉編でした( ´ ▽ ` )ノ



土と植物をつなげてのワークショップは、初めての試み☆


植物のことはというと、私のほうが、既に趣味の範囲を超えまして、専門的に学び、陶芸に活かすため、お花の仕事を取り入れつつ、つなぎの仕事と連携している状態です!


陶芸も植物もどちらも、共通するのは、「土」を使うことですが、植物と器で暮らしを彩るワークショップをしたいと思っていたので、大満足な一日でした(=´∀`)人(´∀`=)




材料は、苔玉用に配合した土(今回は、赤玉小粒、富士砂、ケト土)、ハイゴケ、ポット苗(ガジュマルorソフォラ)、木綿の糸、ハサミ、



材料さえ用意できれば、簡単に作れますので、ご紹介します☆




苗を黒のビニールポットから外し、古い土を軽く落とし、底の古い根をカットします。






苔玉用にブレンドした土を張り、形を整えていきます。






ハイゴケをパックから取り出し、裏面の茶色くなった部分を表面的にカットします。





土に苔を貼り付けていきます。






木綿の糸を交差させ籠目状に巻きながら、苔が剥がれないように締めつつ巻いていきます。

木綿の糸は、時間が経つと自然に朽ちていき、目立たなくなります。その頃には、苔が定着します。

(テグスは、透明なので巻いた瞬間は目立たず良いように思いがちですが、時間が経つと伸びて浮いてくるので、おすすめできません)


【午前の部】



皆様、全員ガジュマル好きでした♪


【午後の部】



器作りにはご参加できなかった方にもご参加いただきました☆




☆苔玉の育て方のポイント☆

苔玉、育てたことがあるけど、よく茶色くなってしまったという方が多いですね。


苔は、鬱蒼とした場所で育つイメージがあるかと思いますが、ハイゴケは、お日様が好きな品種です!

日当たりが足りなかったり、風が足りず通気が悪く蒸れると茶色くなりがちです。

茶色なっても、苔は死んでいません。
二ヶ月ほど、適切な環境で養生すれば、緑が復活します!


室内で育てる時は、日当たりと風通しをよくするのが、苔を緑に保つポイントになります☆

風といっても、クーラーや暖房など、直接、乾燥した風が絶え間無く当たるところは、乾燥しすぎるのでお避け下さい。


どうしても室内の風通しが良くない方は、時々は、ベランダや玄関先などにしばらく置いていただいて、風にしっかり当てて下さい。(夜など涼しい時間帯が良いですね)



お水やりは、苔の表面が適度に乾き始めてから、バケツの水の中に気泡がでなくなるまでつけます。

(時間がない時は、応急的に霧吹きを使って凌ぎますが、霧吹きはあくまで、表面的な水やりになります)


夏場は、朝早くもしくは、夕方の涼しい時間帯の水やりが良いです。

逆に冬場は、朝夕は水が冷たすぎますから、日中にお水をあげます。
(ガジュマルもソフォラも冬は休眠期に入るので、お水やりは、夏よりも間隔をあけ、さらに乾き気味になってからお水やりします)


受け皿に、常時お水が溜まりっぱなしは、根腐れの元になるので、お避け下さい。


(ただし、旅行などで、お水やりができないときは、お皿に水を溜めて、旅行中に水を吸い上げる程度に溜めるぶんには、オッケーです)



今回、ガジュマルとソフォラの苗を使用しましたが、どちらも寒さ暑さともに強いので、是非、皆様、上手に育ててみて下さいね( ´ ▽ ` )ノ


器×苔玉のワークショップは、ご希望が多いので、またどこかの会場で開きたいと思います♪



☆つなぎの植物をお買い上げくださったお客様へ☆

ちょっと元気がない、植え替えをしたい、購入した器に別な植物を植え替えてほしい、苔を張り替えたい、などなど、ご相談やメンテナンスもお受けしております( ´ ▽ ` )ノ





【ワークショップ開催のご依頼お受けします】

u_tsunagi☆yahoo.co.jp

(☆を@に換えて送って下さい)

お気軽にお問い合わせ下さい☆



ご参加の皆さま、会場のカフェゆるりさん、本日は、楽しい時間をありがとうございました☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆






明日12日、「花と緑のうつわ」展、つなぎ夫妻、在廊します( ´ ▽ ` )ノ



6月26日までの間、木・土・日曜日のみ開催です。

会場の畦さんは、唐津街道にある江戸時代から明治半ばにかけて栄えた、宿場町の面影を残した場所です。



【ぎゃらりぃ 畦 さん】



紺屋跡、大正期の建物の畦さん。

静かな山里の宿場町、畦町へお散歩がてら、是非お越し下さい。




つなぎの6月は、福津市と北九州市で展示会を開きます♪

オーナーさん同士も仲良しで、今回企画させていただいた展示会です( ´ ▽ ` )ノ


両会場へ来ていただいた方にお楽しみいただけるように、別々の作品を販売しますo(^▽^)o

さらに、両会場の展示会期間中にお買い物もしくは、飲食をしてくださった方に、ささやかなプレゼントをご用意させていただきます☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

*プレゼントのお渡しは、展示会期間中に限り、お渡しいたします(作家在廊日以外でも大丈夫です)

必ずスタンプが捺印されたハガキをご持参下さい(お忘れの方は、無効となります)


是非、どちらの会場もお楽しみ下さいね(=´∀`)人(´∀`=)


【福津会場: ぎゃらりー畦 さん】





デザイン: イラストレーター 西ゆう さん


畦さんは、木、土、日のみの営業となりますので、ご注意下さい。





【北九州会場:カフェ ゆるり さん】




デザイン: イラストレーター 西ゆう さん

*ゆるりさんは、駐車場がありませんので、お近くのコインパーキングをご利用下さい