器工房つなぎ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【展示会vol.2】 TSUNAGI 2012 ~STANDARD WARE~

 2012年も、器工房つなぎは、展示会を重ね、器に関心を持って下さる皆様と
交流していきたいと思っています。 


 明日で1月ももう終わり、と思うと。。。汗



 今年の展示会は、2・3・5・9・11・12月 で既にギャラリーさんとお約束しています。  

      イベントの参加は、2・4・6・7・8・10・12月 の予定です。

 詳細は、順次、つなぎのホームページやブログ、Facebookでアップしていきます。



 気付いたら1月にして、今年は、大半の予定が決まっています。

工房始まって以来、ここまで先々の予定が定まっていたことはなかっただけに、
ありがたい気持ちでいっぱいです。


 予定を頭に叩き込み、日々の仕事の優先順位を間違わないように、
しっかり丁寧に制作に勤しみたいと思います。
 


 それでは、 2月の展示会のお知らせ を

   2012センガク


 会期:2012年2月2日(木)~7日(火)

    10:30~18:30 (最終日16時)


    * 2・4・5・7日は、私達も在店しています(2日以外は、午後から)


 会場: tea room Sengaku 

  北九州市門司区東港町2-23 (出光美術館うら・遊歩道沿)

    TEL:093-321-6700  

    お車でお越しの方は、近隣のコインパーキングをご利用下さいませ


*5日(日)午後より、みよし屋さんによる恒例のアコーステックギターライブ開催



 今回の展示会のテーマは、「standard」です。


 展示会を開く時には、いつもテーマを決めます。

 それは、季節に応じてだったり、会場から感じ取るイメージ、
自分たちが気になっていることだったり、場所や時期によって様々です。



 今年7月で、工房も3年目を迎えますが、開窯して「3年」という年数は、節目になると言われる年。

成果として確実なものにできるようにと考えたとき、今年最も大事にしたいのは、


 私達にとって、「基本となり、核となる形の器= STANDARD WARE」です。


 私達が自信を持ってお勧めできる器を、皆様に観て、実際に手に取っていただき、

願わくばお使いいただき、私達が器に対して感じている意味や思い、器作りのこと、

器を使い育てていくことについて、少しでもお伝えする機会になればと思っています。

 
 
 そして、もちろん、つなぎのシンボル「象」の作品も登場します♪

ジラソーレさんで売り切れてしまった、小さな小さな「豆象」も展示します。




 それでは、会場で皆様との出会いと再会をお待ちしております








 ポシャギ展にて

 前記で告知しておりました、知人の園田鶴代さんのポシャギ展に行ってきました

   ポシャギ2

 ポシャギは、韓国で、「風呂敷」として使われていたそうです
現在は、「風呂敷」としてよりも、その美的な表情から鑑賞用に飾られることのほうが多いようです。

 麻や絹などを素材に、色とりどりの世界

 どの作品も素敵でした!!! 
ポシャギの生地は、陽を通すので、柔らかい朝陽の差すときに観ると、より一層美しいです。

 

 いつも、私は作家さんに、「どの作品が一番好きですか?」と聞かずにはおれません。

作家の園田さんは、下の写真の中央の水色の作品が一番お好きなのだそうです


   ポシャギ

  幾つもの正方形の中に、水色と緑色が効果的に使われいて、奥行きあるとても素敵な作品でした

 会期は、明日、1月31日 17時まで、

 会場は、ギャラリー&カフェ ジラソーレ さんです。

 ご興味ある方は是非、ご来場下さいませ。


 詳細は、園田さんのブログをどうぞ

 

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。