器工房つなぎ

7年ありがとうございます。

ご報告が遅くなりました。

「7th Anniversary」展、おかげさまで盛況のうちに幕を閉じました。

たくさんのお客様にご来場いただき、嬉しいアニバーサリー展を過ごすことができました⭐️

お客様と会場のジラソーレさんに心より御礼申し上げます。




お花: 山帰来、イガナス、アスター、オーニソガラム

花元: Blunmenさん、緑屋さん

絵「そんな日もあるさ」 : みよこみよこ さん





会場先のギャラリー&カフェ ジラソーレさんは、旧長崎街道沿い にあります。

当工房のシンボルを「象」と決めるきっかけになったのは、江戸時代、長崎街道を歩いた象の話が原点です。

そんな、象さんにご縁ある地で、今回もたくさんの象さんたちが旅立ちました。




また、会期中、ご縁あって、お隣の門司赤煉瓦麦酒館開催されていた古本市に行きました。

『象さんの遺言』を受け取りました。







写真の松は、象がこの地を歩いた江戸時代から唯一、残る松です。


北九州に息づく歴史と共にこれからも、象さんと8年目に向けて一緒に歩んでいきます。


今後ともどうぞ宜しくお願いします。


器工房つなぎ 松下 広樹+紗英子





【病院にてワクチン接種】



ぼくもよろしく♫

スポンサーサイト