器工房つなぎ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

つなぎ ー2012ー 始動♪

 門司区のギャラリー&カフェ ジラソーレさんでの展示会が始まって早5日。

 新年早々から、活動の場を与えて下さったジラソーレさん、ありがとうございます!!!



 展示会初日から、いつも見に来て下さるお客様が、今年も来て下さいました

 昨年、ご縁をいただいた方にも新年早々にお会いすることができて、つながりのありがたさを
実感する幕開けとなりました


 ご来場下さった皆様のお元気でお変わりないご様子が本当に何よりです。

 

 それでは、会場の全体をちらりと。

  全体

 今回も、写真は、私達の手仕事を収めて下さっている安永 豊さんにお願いしています

 正面の写真は、私が大型の花器を作っている時の手元です
えらく、手がごっつく見えるようで女性の手には見えないみたいです。。。


 他にも、普段の私達の作業風景を見ていただけます




 作品は、新年 ということで、「白」を基調に展示しています


 それでは、作品のご紹介を



 こちらは、主人が大学の時に考案した「納豆小鉢」

   納豆

 主人の自信作でもある一品で、人気もすごくあります。
が、実は「つなぎ」を開窯して以来、展示会での出展は「初」です


 一見、高台(器が地面に接する部分)をシャープに小さく作っていて不安定そうに見えますが、
納豆を混ぜる時に、手のひらに収まりやすいように持ちやすいようにと考えたためだそう。

 置いて使うものではなく、持って使うための器の形です。


 液だれをしないように、片口もしっかり作っています。

 そして、お箸を器の中に引っ掛けておけるように、深めに成形し、なにより混ぜやすいです。

 卵をとくときにもバッチリで、私は、ボウルを使うまでもない時、主に、卵焼きのときは、よく
納豆小鉢を使用してます
 
 お客様の中には、湯冷ましとして使う方もいらっしゃるそうです





 そして、今回も、完売となってしまいました


 いまや我らが、つなぎ代表の「豆象くん」

 行く先々で完売するこの豆象くんは、つなぎのヒーローです


 豆象くん、いつもありがとう


   【豆象くん】

   豆

 全部、手作業で生み出しているので、毎回、サイズも色も違う豆象くんです。
今回は、1.5~4.0cmで作りました

毎回、1つずつお求めになって下さる方もいらっしゃいます。

 プレゼント用に、ご家族分お求め下さる方もおられます



 

 
  また、今回、干支の「辰」もご用意していましたが、こちらも好評に付き完売しました。

 
 おかげさまで、2012年の つなぎも好発進です


 展示会は、1月27日(金)17時まで 開催中ですので、ご都合よろしければお越し下さいませ。



  【つなぎ在店日】

  1月21・22・24・25・27日 12:00~18:00

 
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。