器工房つなぎ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

画廊カンヴァス ~長崎街道 その壱~

 今日は、現在「安永たけし+器工房つなぎ」展 でお世話になっている、
画廊カンヴァスさんと長崎街道についてお伝えしたいと思います

 
   【画廊カンヴァス 内】

   カンヴァス1
 
 元々は、小倉北区で画廊喫茶を開いていたカンヴァスさん。
その後、宗像市赤間の唐津街道沿いにある大正期の古民家にて、画廊カンヴァスを5年。
昨年11月から、直方市殿町の長崎街道沿いにある築70年の洋服店をリフォームし、
新たな拠点作りに力を注がれています



   【お庭】

   カンヴァス2

 お庭は、木漏れ日がとても爽やかに優しく注がれていて、涼やかな初夏を感じることができます

 また、本来、社寺の灯りであり、日本庭園に欠かせない景物(庭園内の石造物などのこと)の「石灯籠」も見ることができます。

石肌が朽ちていて、細かいところはわからないのですが、調べたところおそらくこの石灯籠は、「春日型灯籠」に近いもののようです。石肌を見ると、きっと随分前からあった佇まい。 

*灯籠といえば春日型を指すほど、灯籠の基本となるのが、春日型灯籠のようです

 
 


 カンヴァスさんは、長崎街道沿いにあります。
そして、直方は、父方の祖母の故郷でもあります。

 こうしてご縁をいただきお世話になっている直方。
会期中、歴史や素敵なスポットについて散策したり調べて皆様にお伝えできたらと思っています


 今日はその一部をご紹介


  【直方谷尾美術館

   たにお

 直方市は、江戸時代より長崎街道の主要都市として栄えた直方藩の城下町
谷尾美術館はその中心的位置にあるとのこと。

 旧奥野医院として大正2年(1913)に竣工後、平成2年に故 谷尾欽也氏、個人の美術館として公開されています。
直方市に寄贈された現在では、市立美術館として親しまれています。
 
 内外ともに、建築当初の姿をとどめており、近代化産業遺産として貴重なものです(直方市観光ガイドブック参照)

 【直方谷尾美術館】
 開館:9:30~17:30
 休館:月曜日 (祝日は開館)
 入館料:大人100円、高校生以下50円
 問:0949-22-0038



 谷尾美術館を過ぎ、まっすぐ歩いていると、直方歳時館に到着

  【直方歳時館】 

   歳時

 江戸時代にはこの地に隣接して、直方藩の迎賓館とも言うべき、御茶屋御殿があったようです。
建物は、近代の炭鉱開発に尽力した筑豊の5大炭鉱王の一人、堀三太郎氏の住宅として明治31年に建設。その後、昭和16年に市が寄贈を受けてから約30年にわたって中央公民館として親しまれ、その間約3000組を超える市民が結婚式を挙げ、またナイトスクールの開講によって多くの人々に親しまれていたそうです。
 


   【日本庭園】

   歳時2

 平成11年からは、直方の四季折々を演出する新しい生涯学習施設として生まれかわったそうです

木造の平屋作りで、お庭は枯山水の日本庭園、降りて散策することもできます。
庭園から眺める福知山は、まさに絶景です



 歳時館では、絵手紙&メッセージの展示会も行われいて、展示会として、
施設を利用することも可能だそうです


   【お琴教室】

   歳時3

 着物姿の愛くるしい女の子の後ろ姿をパシャリ
私達が訪れたときには、お琴教室が開講されていて、琴の音が歳時館内に美しく響いていました
 他にも、子供さんを中心に「茶道教室や将棋教室、いけ花教室」なども開講されているようです

子供の頃から、日本の伝統文化に親しむことができることは、とても素敵でありがたいことですねうらやましいです




  【土蔵】明治31年建

   歳時4

 建物の下部には、白と黒のモダンなコントラストを見ることができる「なまこ壁」という壁の独特な幾何学模様。目地の白い漆喰部分の盛り上がりが、海にいるなまこを連想させることから名前が付いたそうです。

 
 【直方歳時館】
 開館:9:00~21:00 (夜間の利用がない場合は、17時まで)
 休館:月曜日 (祝日は開館)
 入館料:無料
 問:0949-25-2008





 最後に私達の作品もちらりと

 
   【双耳象花器】

   カンヴァス3

 タワーのような、のっぽさんタイプです
いつもより、象さんは大きめです


   カンヴァス4

 こちらは、テントのような太っちょさんタイプです

 

 

    つなぎの箱庭より~ピナフォア 

   はな5

 今年購入したマイブームの白い花シリーズ

セージの一種で、耐寒性耐暑性に優れたピナフォアが次々に開花しています!
なんと、晩秋まで咲くそうです香りが強く、とっても爽やかです



 

 つなぎを広めるべく、ランキングに参加しています
励みになりますのでよろしければクリックをお願いします☆

 こちらです ☟

 にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ

にほんブログ村
芸術 ブログランキング


  
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。