器工房つなぎ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「白象と器」展 〜「納豆小鉢」編



 今月は、これまでゆっくりと語ることが少なかった、つなぎの商品についての
コンセプトや思い
についてお話しできたらと思います。



 今日は、現在開催中の「白象と器」展の作品の中から、「納豆小鉢」
をご紹介します。


主人の自信作でもあり、実は、東京での日本伝統的工芸品公募展にて入選し、
追加注文があったほどの作品


【納豆小鉢】

の5



混ぜるための器として、「持って混ぜるためにより持ちやすく、混ぜやすく、
後引きはもちろんなし」
の形を納豆好きな知人と熱く語り合ったこともあったほど。



 納豆小鉢はどのようにして生まれたのか。 その利点とは。


 その答えはこちら♪ → 


 
 作品名に「納豆」は、付いていますが、自宅では、卵焼きを作る時に卵を混ぜたり(ボウルを使うより格段に混ぜやすいので)、湯冷ましにしたり、ドレッシングを作ったり。

 とにかく、混ぜるものには万能です

 この「納豆小鉢」のファンも多し

 展示会の度に売り切れ必死です



 皆様、是非、この機会に「納豆小鉢」に触れてみませんか?


 本日、9/4(火)は、のーてぃすさんは、定休日です



のーてぃす2012


 「白象と器」展

会期:2012年9月1(土)~30日(日) 10:30~17:00  

【定休日:3〜4・10・18〜19・24日】

会場:ピアスペース のーてぃす 地図はこちら→ 

   〒807-1261 北九州市八幡西区木屋瀬4-11-5
   TEL&FAX:/ 093-617-9977 *駐車場有

*ランチは要予約

*各種イベントは、のーてぃすさんのHPでご確認下さい → 



 長崎街道筑前六宿が開通して今年で400年になります。
展示会場の「のーてぃす」さんがある木屋瀬も六宿の一つ。その長崎街道は、
「白象」が通った道としても有名で、つなぎのシンボルとなる象もその歴史に
因んでいます。

 本展は、象の作品を中心に、日常使いの器や花器を展示販売します。

編み物作家のTsumugiさんとのコラボ作品第一弾&第二弾(NEW)もあります 

 こちらも是非、お楽しみにお越しくださったら嬉しいです♪


 
 それでは、定休日明けの9月5日(水)も、のーてぃすさんで皆様を
お待ちしております





 つなぎを広めるべく、ランキングに参加しています
励みになりますのでよろしければクリックをお願いします☆

 こちらです ☟

 にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ

にほんブログ村
芸術 ブログランキング



 
 
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。