器工房つなぎ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「白象と器」展 〜TSUNAGI STANDARD 編(1)

 北九州は、少しずつ秋を感じるようになりました

それでも、まだ日中の日射しは肌にジリっときます。

 まだまだ、油断ならない気候ですね

空気も少し乾燥しているようなので、どうぞお気をつけください



 現在、八幡西区木屋瀬「ピアスペース のーてぃす」さんで開催中の「白象と器」展
ですが、会場はすっかり秋の装いに移り変わっています

 
 つなぎのお得意様でもあり、専心池坊の西本 輝峰先生が、主人作の大壺に生け込んで下さいました

の8

 白いふさふさは、ススキに似ていますが、パンパスグラスです。
私の大好きな蓮も、立派な花托がたくさん添えられています。

 西本先生には毎回、とっても素敵に生け込んでいただき本当に感謝です
西本先生、いつもありがとうございます


 5月に生けていただいたときのお花はこちら→ 
 
 


 今日は、開催中の「白象と器」展の中から、つなぎの定番商品~TSUNAGI STANDARD~の中から「波小皿」をご紹介します


【波小皿】

の7

 この波小皿、展示会中、完売することも多い人気の商品です。

お茶菓子を乗せたり、茶托としてもお使いいただいたりと、お客様から色々な使い方をお聞かせいただけています


【夕方の陽のなかでみた波小皿】

の6

 色は、錆びたものもあれば、透明感のある発色になったりと様々で同じ色合いの
ものはない、とても変化のある釉薬です。

光によって、様々な色が浮かび上がって来るので見ていてとても楽しい色です



 是非、のーてぃすさんの夕方の陽の中で、色々な角度から波小皿の色調をお楽しみ
いただけたら嬉しいです



 本日9月8日(土)も、のーてぃすさんで皆様をお待ちしております



のーてぃす2012


 「白象と器」展

会期:2012年9月1(土)~30日(日) 10:30~17:00  

【定休日:3〜4・10・18〜19・24日】

会場:ピアスペース のーてぃす 地図はこちら→ 

   〒807-1261 北九州市八幡西区木屋瀬4-11-5
   TEL&FAX:/ 093-617-9977 *駐車場有

*ランチは要予約

*各種イベントは、のーてぃすさんのHPでご確認下さい → 



 長崎街道筑前六宿が開通して今年で400年になります。
展示会場の「のーてぃす」さんがある木屋瀬も六宿の一つ。その長崎街道は、
「白象」が通った道としても有名で、つなぎのシンボルとなる象もその歴史に
因んでいます。

 本展は、象の作品を中心に、日常使いの器や花器を展示販売します。

編み物作家のTsumugiさんとのコラボ作品第一弾&第二弾(NEW)もあります 

 こちらも是非、お楽しみにお越しくださったら嬉しいです♪


 
 





 つなぎを広めるべく、ランキングに参加しています
励みになりますのでよろしければクリックをお願いします☆

 こちらです ☟

 にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ

にほんブログ村
芸術 ブログランキング



 
 
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

昨年の西日本陶磁器フェスタでお目にかかりました。たぶん^^。今年も参加します。のーてぃすさんへDMを送りました。お時間ありましたら、また、お話を聞かせて下さい。のーてぃすさんへも帰り道に寄れれば良いのですが・・・つなぎさんの作品を見てみたいです・・・むりかなぁ。神保さん&スタッフの皆様によろしくお伝え下さい。

新納虫太郎 | URL | 2012-09-08 (Sat) 18:43 [編集 ]


Re: タイトルなし

 虫太郎さま

コメントありがとうございました! 毎年陶磁器フェスタには、生徒さんたちと欠かさず勉強に行っているのですが、今年はちょっと厳しそうです。。。行く時には、ブースに寄らせていただきますので宜しくお願いしますm(_ _)m

 のーてぃすの皆さんにも虫太郎さんからのお言葉、ご伝言させていただきますね♪



> 昨年の西日本陶磁器フェスタでお目にかかりました。たぶん^^。今年も参加します。のーてぃすさんへDMを送りました。お時間ありましたら、また、お話を聞かせて下さい。のーてぃすさんへも帰り道に寄れれば良いのですが・・・つなぎさんの作品を見てみたいです・・・むりかなぁ。神保さん&スタッフの皆様によろしくお伝え下さい。

器工房つなぎ | URL | 2012-09-10 (Mon) 14:03 [編集 ]


 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。