器工房つなぎ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「白象と器」展 〜長崎街道 木屋瀬宿 記念館 編

 まだまだ、夏の暑さは残るものの、夕暮れはだいぶ心地よい風が吹いています。

先日、秋風に誘われて散策してきましたので、今日はそのことについてお話ししたいと思います。



「のーてぃす」さんでの今展示会は、「白象」がテーマです。

つなぎのことをいつも応援して下さる皆様には、ご周知のことと思いますが、
のーてぃす さんのある「木屋瀬」という地は、長崎街道が通っており、今も歴史的な遺構がたくさん残っています



また、今年で、長崎街道 筑前六宿が開通し、400年になります。

 器工房つなぎのシンボルは「象」で、その経緯は、長崎街道の歴史に因んでいます。


昨年に引き続き、筑前六宿の1つである「木屋瀬」のーてぃす さんで展示会をさせていただくことになって、また長崎街道と象についての思いがより強くなりました


 長崎街道についても、木屋瀬についても知らないことが多いので勉強したいと思い、展示会場である のーてぃすさんのご近所にある「長崎街道 木屋瀬宿 記念館」に行ってきました。


長崎街道 木屋瀬宿 記念館 みちの郷土資料館

の-13


 当時の木屋瀬を知る上で、たくさんの生活道具や調度品、書簡も残っていました。

ビデオライブラリーで楽しく歴史を学ぶことができるので子供さんにもお勧めです

 特に「象」についての映像がクイズ形式になっていて、とても楽しめました



開館時間:9時00分~17時30分(入館は17時00分まで)
 
休館日:月曜日(月曜日が祝日の場合は翌日)、年末年始(12月29日~1月3日)

入館料:一般200円、高校生100円、小学生50円

 



 今回のつなぎの展示会で、キーワードとなるは、「長崎街道」と「筑前六宿」と「白象」の三つです。


去年のブログでも「長崎街道」「白象」をご紹介していますのでご覧頂けたらと思います → 



【お知らせ】

 明日、9月15日 午後3時 ~ 午後5時までは、

第3土曜日恒例の田中時彦先生による「絵てがみ教室」がのーてぃすさんで開講されています


 絵手紙教室中も、つなぎの展示会も同時にご覧いただけますのでご興味ある方は
是非ご覧頂けたらと思います。



のーてぃす2012


 「白象と器」展

会期:2012年9月1(土)~30日(日) 10:30~17:00  

【定休日:3〜4・10・18〜19・24日】

会場:ピアスペース のーてぃす 地図はこちら→ 

   〒807-1261 北九州市八幡西区木屋瀬4-11-5
   TEL&FAX:/ 093-617-9977 *駐車場有

*ランチは要予約

*各種イベントは、のーてぃすさんのHPでご確認下さい → 



 長崎街道筑前六宿が開通して今年で400年になります。
展示会場の「のーてぃす」さんがある木屋瀬も六宿の一つ。その長崎街道は、
「白象」が通った道としても有名で、つなぎのシンボルとなる象もその歴史に
因んでいます。

 本展は、象の作品を中心に、日常使いの器や花器を展示販売します。

編み物作家のTsumugiさんとのコラボ作品第一弾&第二弾(NEW)もあります 

 こちらも是非、お楽しみにお越しくださったら嬉しいです♪


 
 





 つなぎを広めるべく、ランキングに参加しています
励みになりますのでよろしければクリックをお願いします☆

 こちらです ☟

 にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ

にほんブログ村
芸術 ブログランキング



 
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。