器工房つなぎ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「白象と器」展 〜Tsunagi×Tsumugi 編

 彼岸花をあちこちで見かけるようになりました。

北九州は朝晩、肌寒いくらいです。 皆様、お変わりないでしょうか。

 私は、秋の花粉のせいか、鼻が止まらない日がたまにあります。

空気も乾燥していて、夏の疲れがどっとでやすい時期ですのでどうか
お身体をご自愛下さい。



 八幡西区木屋瀬、のーてぃすさんでの展示会も残すところあと四日となりました

おかげさまで商品も少なくなり、後半新しい作品を追加していますので、もしご都合
付く方はご来場いただけたら嬉しいです




 
【白象くん、長崎街道を歩く】

N1.jpg

会期中、のーてぃすさんまでの長崎街道を白象くんを歩かせてみました


N2.jpg

江戸時代、象を見ることはまずなかったので、木屋瀬で象さんを見た人たちはきっとすごく感激したんだろうなあと思いを馳せながら♪




 今日は、コラボ作品のご紹介を


 編み物作家のTsumugiさんとTsunagiのコラボ作品 第二弾

私達もとっても気に入っています


【輪くぐり象さんのネックレス】

まずは、全体を

N3.jpg



元気に輪をくぐっています

N4.jpg



おしりもばっちり

N5.jpg

 このネックレスには、「輪」への思いをTsumugiさんと一緒に込めています

「ご縁を大切にしたい」という意味を込めて「輪-Ring-」にしました。
人それぞれに色々なご縁があるように、どの輪の色も全て違う色で、ひとつずつ丁寧にTsumugiさんが編んで下さっています


 Tsunagiの象さんは、元気よく駆けて、ご縁をつなぐお手伝いをしたいそうです
素敵なご縁をつないでくれますように☆


 紐は、本革で長さも調節可能です子供さんから大人までお使いいただけます首元に触れる部分には、金属を使用していませんので金属アレルギーの方にも付けていただけるように、Tsumugiさんの優しさが込められています


 皆様に是非、お手に取っていただきご覧頂けたら幸いです。


 
 29・30日は午後より在店します


のーてぃす2012


 「白象と器」展

会期:2012年9月1(土)~30日(日) 10:30~17:00  

【定休日:3〜4・10・18〜19・24日】

会場:ピアスペース のーてぃす 地図はこちら→ 

   〒807-1261 北九州市八幡西区木屋瀬4-11-5
   TEL&FAX:/ 093-617-9977 *駐車場有

*ランチは要予約

*各種イベントは、のーてぃすさんのHPでご確認下さい → 



 長崎街道筑前六宿が開通して今年で400年になります。
展示会場の「のーてぃす」さんがある木屋瀬も六宿の一つ。その長崎街道は、
「白象」が通った道としても有名で、つなぎのシンボルとなる象もその歴史に
因んでいます。

 本展は、象の作品を中心に、日常使いの器や花器を展示販売します。

編み物作家のTsumugiさんとのコラボ作品第一弾&第二弾(NEW)もあります 

 こちらも是非、お楽しみにお越しくださったら嬉しいです♪


 
 





 つなぎを広めるべく、ランキングに参加しています
励みになりますのでよろしければクリックをお願いします☆

 こちらです ☟

 にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ

にほんブログ村
芸術 ブログランキング



関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

大きく名前を載せていただいてありがとうございます^^
輪くぐりしている象さんが愛おしくてたまりません♪

そして、長崎街道を歩いている象さん、たまりませんね!パソコンの画面にくいついて見てしまいました(笑)

初めて「象」という生き物を目にした昔の人たちは
どんな反応をして、どんなことを思ったんでしょうね~

人間の反応は文明や時代とともに変わっても、
象さんたちは今も昔もおおらかなまま
どーんと構えているのでしょうね^^

Tsumugi | URL | 2012-09-27 (Thu) 23:53 [編集 ]


象さん

Tsumugiさん、掲載が遅くなってしまってすみません(><)

 フェイスブックには、開催早々にコラボを載せていたのですが、肝心のブログが、すっかり遅くなってしまって。見て下さった方にはとっても好評でした♪

 象さんの舶来の歴史をたどると、戦後までの日本に来た象さんは、決して幸せな最期ではありませんでした。

死亡の理由はどれも人間の身勝手。

 それでも、今、日本の動物園に象さんがいてくれて本当にありがたく嬉しいと心から思います。

 象さんの歴史を知ってより一層、象さんへの思いが強くなりました!


 
 

 

> 大きく名前を載せていただいてありがとうございます^^
> 輪くぐりしている象さんが愛おしくてたまりません♪
>
> そして、長崎街道を歩いている象さん、たまりませんね!パソコンの画面にくいついて見てしまいました(笑)
>
> 初めて「象」という生き物を目にした昔の人たちは
> どんな反応をして、どんなことを思ったんでしょうね~
>
> 人間の反応は文明や時代とともに変わっても、
> 象さんたちは今も昔もおおらかなまま
> どーんと構えているのでしょうね^^

器工房つなぎ | URL | 2012-09-28 (Fri) 00:05 [編集 ]


 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。