器工房つなぎ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桜が見える工房

 この時期は、作業しながら「贅沢だな」とつくづく思います。


   工房から桜

 そうなんです。作業場の窓から、桜が見えるのです。
お花見しながら、作業ができるこれは、仕事もはかどりますと言いたいのですが、
我が家の約一名は、カメラを片手に桜を追っかけておられます


 お外へ出ても、桜 さくら サクラ

   暖簾揺れる

 気持ちの良いお天気に、美しい桜最高に贅沢な仕事場であります。

 今日で8分咲きくらいでしょうか。 

 枝先にまだ蕾が残っています

   先っぽ


 明日の北九州は、20℃ということなので、おそらく明日でつなぎの桜は、満開になることでしょう。


   

 つなぎのお庭も、今、たくさんの植物の蕾が膨らんでいます

 ということで、本日は蕾シリーズ

 【利休梅】

   利休梅つぼみ
 通常の梅より開花時期が少し遅い白い梅の花です 昨年の冬に入手して無事に冬を越せました

 戦国時代の茶人「千利休」が名づけたという説から、茶人がよく使う花なので利休にちなんで
名づけたという説もあるそうです。 花言葉が、これまた素敵ひかえめな美。

   

   【ずずらんスイセン(スノーフレーク)】

   スズランスイセン

 今からすずらんのようにたくさんの花が出てきますこちらは、つなぎでの開花は、二年目です

 花言葉は、「純粋・汚れなき心」
 

 【源平桃(しだれ)】

   源平桃
 憧れの源平桃を今年入手しました

 名前の由来は、源氏の旗が白、平氏の旗が赤で、源氏と平氏が競ったように、赤と白、絞りの3色が
競うように咲くことによるそうです

花言葉は、「あなたに夢中」

 つなぎの今年の源平桃は、源氏が勝つか、平氏が勝つか見物です

 
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。