器工房つなぎ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

芍薬にダリア

 花の宰相「花相」と称される芍薬

 江戸時代には「茶花」として鑑賞され、品種改良も行われた古典園芸植物。

熊本藩では、園芸が武士の素養として重要視、奨励されたそうです
「肥後六花」と総称された六種類の植物は「菊、朝顔、椿、山茶花、花菖蒲、芍薬」。
芍薬も含まれています


先日、芍薬では珍しい黄色の「オリエンタルゴールド」を入手しました。

このオリエンタルゴールドは、黄色の牡丹と交配されて生まれたものだそうです。


   芍薬2

 芍薬といえば、確かに、赤や桃、白が主で黄色は見たことがなかったです。


 それから、毎年楽しみにしている、ダリアも咲いてくれました

   ダリア2

 ダリアは、10月までの長い期間、楽しませてくれます


 久しぶりに陶芸体験のことを。

大学のソフトボール部で一緒だったAさんが、陶芸体験に来てくれました
彼女は、美人ピッチャー(兼ファースト)で心が美しくていつも優しい女性でした

お互い結婚し、まさか、同じ北九州の住人になるなんてあのときは思いもせず。
久々の再会でいろんなお話しに花が咲きました


   あゆ制作

 納豆好きということで、納豆小鉢に挑戦


   あゆ制作2

 焼き上がったら、また掲載したいと思います
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。