器工房つなぎ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カルチャータウン黒崎校にて

【イオンタウン黒崎 カルチャータウン 陶芸教室にて】

今年9月にグランドオープンしたイオンタウン黒崎 一階の「カルチャータウン」にて、つなぎ夫妻、講師を勤めています☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆




本日18日は講座日でした( ´ ▽ ` )ノ




今年最後の授業は、

釉薬をかけよう」

まず、釉薬の材料についてのお話しからo(^▽^)o

以下、釉掛けの手順です


【水拭き】




素焼き後の素地は、窯内で付着した不純物でザラザラしています。

このまま、釉薬をかけると、定着が悪く一部弾いたり、
剥がれたりすることも。・°°・(>_<)・°°・。

スポンジを濡らし、それらを拭き取りますo(^▽^)o



【下絵付け】



下絵付けもできます( ´ ▽ ` )ノ
今回は、藍色の発色になる、「呉須」を使用しています




【釉掛け】



器全体が浸かるほど釉薬がたくさんある場合は、器をザバッと直接入れます


*器を手に持ち、柄杓でかけたりもします





表面の釉薬が乾き始めたら、机にそーっと置きます






【釉はがし】




畳付き(器が台に接する部分)に付着した釉薬を
剥がします

これをしていないと、焼いた時に釉薬が板にひっつき
取れなくなります…>_<…




【釉掛け完成】



あとは、窯の中で焼くだけです( ´ ▽ ` )ノ

焼かあがりは、また後日紹介しますo(^▽^)o



今年、ご縁をいただいた、生徒さんと、カルチャータウン黒崎校のスタッフさんに感謝を込めて☆




☆カルチャータウン黒崎校 生徒さん募集中☆


教室では、ろくろ成形、板作り成形、手びねり成形などなど、
作りたい形や用途に合わせた指導をしますo(^▽^)o

基本を大事にひとつずつの行程をゆっくり説明しながら、
教えていきます( ´ ▽ ` )ノ





つなぎの教室は、第1•3 木曜日、毎月二回の講座です( ´ ▽ ` )ノ


開講日は随時、陶芸体験を実施しますので、
ご検討中の方は、是非お試し下さい( ´ ▽ ` )ノ

☆前日までにご予約ください

参加費は無料ですが、焼成をご希望の方は、
2,000円別途かかりますm(_ _)m


☆お問い合わせ&お申し込み先☆



直接、上記宛にご連絡くださいm(_ _)m

皆様からのお申し込み、お待ちしております(=´∀`)人(´∀`=)



【12月の展示会】



公私ともに親交の厚い、イラストレーターの西ゆう さんと再び
コラボの展示会です☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆



年末でお忙しいと思いますが、お時間ありましたら、お立ち寄り下さい☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。