器工房つなぎ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピアスペース のーてぃす 

 2011年7月14日 器のあるべき姿とは。


 今日は、展示会のDMの納品と打ち合わせで、北九州市八幡西区の木屋瀬にあるギャラリー&カフェ

ピアスペース のーてぃす さんへ行きました。


 木屋瀬は、旧長崎街道の筑前六宿のひとつで、のーてぃすさん自身も築百年の歴史を持った古民家です。

   のー7

 ジュエリー作家のふじさわ典子さんのご紹介にご縁をいただき、

 2011年9月1日(木)~25日(日)まで、のーてぃすさんで展示会をさせていただけることとなりました 
今、暦を見て気付いたのですが初日も、最終日もなんと大安吉日これは、嬉しい


 入り口は、広い土間になっていて、立派な梁や天井。
そして、町家特有の格子戸はとても美しいです

   のー2


 そして、のーてぃすさんの最大の魅力は、オーナーさんやスタッフさんのおもてなしのお心

それは、情緒ある空間だけでは決して創り出されないもので、お話しさせていただいたときだったり、
お料理や器へのこだわりから伝わってくるものでした

 今日のーてぃすさんにお伺いしてお話しさせていただいて、このブログを読んで下さって
いる皆さまへお伝えしたいことはたくさんたくさんあるのですが、9月の展示会がはじまったときに、
のーてぃすさんについて、木屋瀬という歴史ある街について少しずつお伝えしていきたいと思っています。



 私達が常々、考えていることに「器のあり方について」という問いがあります。

 のーてぃすさんのお昼ごはんをいただきながら、今日もまた考えました。



   【のーてぃすのお昼ごはん】 デザートと飲み物付き 1,365円、 
                        パウンドケーキと飲み物付き 1,575円

   のー3

 上段:一夜漬け、おから

 中段:キュウリとクラゲの酢の物、高野豆腐とお野菜の炊き合わせ

 下段:胡麻豆腐、古代米(赤・黒・緑米)のご飯、豆乳汁

  おからは、粗挽きでニラと椎茸やしょうがなどのお野菜が入っています。
 食感がとても楽しくて、香ばしいご飯にかけるとふりかけのようでまた違う美味しさがあります

 どれも、素材の味を大切にした調味でした


   のー4

 本日のデザートは、新しょうがのパウンドケーキとレモンシャーベット、

          ドリンクは、赤ぶどう酢ジュース
                          
       を選びました。


  のーてぃすさんは、もともと小倉で陶器屋さんを営まれていて、そのときに集めておられた
 たくさんの器を今、カフェでお使いになられています。

  そのため、私と旦那さんが頼んだお昼ごはんの器はどれも異なっていて、器好きとしては、
 それだけでも大満足で器について考えさせられることばかりでした

 目で見ても楽しめて勉強でき、さらに、お料理も絶品でそれはそれは、お腹も12分に満足でした


 
 陶芸作家さんは、器を創る上で、様々なポリシーをお持ちだと思います。

それは、皆さん異なりますし、だからこそ作品に独自性が生まれるのだと思います

 私達にももちろん、ポリシーがあります。



  今日、それを語るには、長くなりそうなので、また少しずつお付き合いいただけたら幸いです


 最後になりましたが、展示会会期中は、カフェのメニューにもつなぎの器が登場します

 


 
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。