器工房つなぎ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「つなぎの器 夏の窯開き」初日が終了しました

 二周年記念展「つなぎの器 夏の窯開き」初日が無事に終わりました


  つなぎ

 夏休みですし、また今日は、戸畑区でのお祭りもある日だったので、お客さまが来て下さるか
とても心配でした

 リビング北九州の告知を見て来て下さった方も早速いらして下さって、ほっとしたところです
 お忙しいなか、貴重なお時間をつなぎのために割いて下さった皆様と、お祝いのメッセージを
送って下さった皆様に御礼申し上げます



 本日のお客様第一号は、いつも応援して下さるF&Mさんからのお花の贈り物でした

   花1

とてもかわいいアレンジメントをありがとうございました



 初日のメインイベントは、三人のギター奏者による演奏でした

 つなぎの応援隊でお馴染みの「みよし屋さん」のお仲間さんで、春のお花見会の時にも、
お三方に来ていただき、今回もお願いする運びとなりました


 トップバッターは、フォルクローレご専門の福松幹夫さん   

   ふくさん

 ギターを約40年ご趣味で続けられておられるそうです
ライブハウスや最近は、みよし屋さんと喫茶店でも演奏されたりとご活躍中

 「フォルクローレ」(南米の民族音楽)と聞いてもギターに詳しくない私は、初め全くわからなかったのですが、
お馴染みの「コンドルは飛んで行く」は、フォルクローレに属する代表曲だそうです
福松さんは、アルゼンチンの民謡が特にお好きとのこと
高音で爽やかにご演奏下さり、風が心地よく感じられました



 つなぎのイベントや展示会の時は、毎回来て下さって御演奏下さる
アコースティックギター奏者「みよし屋さん」
お付き合いも長くなってまいりました

   みよしさん

 ギターの腕前は、もちろんのこと、歌声はさらにうっとり
ビブラートが素晴らしいので野外での演奏がちょっと、残念。
ラテン、シャンソン、カンツォ-ネ、昭和の名曲などなどレパートリーは膨大で、リクエストも
受け付けられるほど
また、女性に限らず男性のファンも多数で、毎回大人気です

 なんと、11月の宮崎での展示会のときには、宮崎まで歌いに来て下さるとか
宮崎の皆さま、お楽しみに




 そして、我らが地区、今町のスター
プロで北九州を中心にご活躍のクラシックギター奏者若菜 潤一郎さん

みよし屋さんにご紹介いただき、同じ地区であるということが判明!!!
やはり、ご縁があるのだなと嬉しく思いました


 今日は、本当にスペシャルな日で、ギターではなく、バロックリュートのご演奏を
お聴かせいただけました

   わかなさん

 若菜さんは、北九州で数少ないリュート奏者のお一人でもあるそうです
なかなかお目にかかれない、リュートを見て、興奮気味な私でした。


 バロックリュートは、中世からバロック期にかけてヨーロッパで用いられた古楽器です。
その音色は、ヨーロッパの宮廷音楽で流れてきそうな優美でそれでいて懐かしい
音色です 私も主人も大好きな音色でとっても癒されました

 弦はなんと、24本もあるそうです!!!きちんとチューニングしようと思ったら、30分かかるほど、
細やかな配慮がいるそうです。むかしの弦は、ガット(羊の腸)で作られていたそうですが、
現在は、釣り糸などで一般的なナイロンやフロロカーボンといった合成繊維が弦として用いられること
も多いそうです

 また、若菜さんは、ギター教室も開講されておられるので、ご興味のある方は、
是非、若菜さんのホームページをご覧下さい。


 旦那さんは、今日、ふっと、お空を見上げたそうです。


   空

イベント中は幸いお天気に恵まれそうです


 少し、暑くなってきておりますが、24日(日)、25日(月)も、つなぎにて皆様のご来房をお待ちしております
ご休憩がてら、お茶しに遊びにいらしてくださいませ


   花2
 
 陶芸教室の生徒さんからも元気の出るお色の花束をいただきました
Yさんいつもお心遣いありがとうございます
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。