器工房つなぎ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【展示会日記】のーてぃす 第三話 作り手と使い手の器

 猛威を震った台風。皆様の近隣は大丈夫でしたでしょうか?

私達の住む北九州は時折の強風、強雨ですみましたが、毎日のニュースで流れる地域の映像に
台風という自然災害の恐ろしさを目に、早く終息してほしいと願うばかりでした。

 そして、台風が過ぎ去った途端、急に肌寒くなってきているので、皆様、お風邪などひかれませぬよう
お気をつけ下さい


 
 前記からだいぶ間が空いてしまいました。
いつも読んで下さる皆様、アップが遅くなってしまい申し訳ありません

 おかげさまで、ピアスペース のーてぃすさんでの展示会は、好評のうちに残すところあとわずかとなりました
そこで私達にとっても嬉しい会期延長のおしらせ!


 【会期延長のおしらせ】
 
 当初の予定は、9月25日(日)までの会期となっておりましたが、のーてぃすさんのご好意により、
29日(木)へ変更となりました。 もし、25日以降もご都合付かれる方はどうぞお越し下さいませ。





【叩き壺:のーてぃす玄関にて】

   叩き壺

 高さ約65cmの大壺です
驚くことに、これは主人が高校時、陶芸部に所属しているときに作ったものなのです
この頃からすでに、「頭角を表していたに違いない!!!」と思う私。


 「なんで壺だったの?」と聞きましたが、

 「わからん、覚えてない」と主人。

 ふむ、いつものような返事でございます
 


 【のーてぃすの縁側】

   縁側

 のーてぃすさんの縁側に座って、ぼーっとしたり、考え事したり。のんびりまったりなひとときも
また心地よい時間です。 


 さて、前記に続き、象さんの話題をと思っていましたが、今日はちょっと器のお話しを




 のーてぃすさんでは、初めて展示会をさせていただくのですが、私達にとっては理想的なカタチでの
展示会場そして展示会になっていて、今とても幸せです

 それは、のーてぃすさんが「カフェ」という利点を最大限に活かして下さるから。

「お客様に器を使っていただき、納得した上で購入していただける」

という、作り手売り手として安心して販売できるカタチが整っている展示会だからなのです。



 実際に、のーてぃすさんのランチで使っていただいている器たち(一部)をご紹介

 【たわみ取り鉢】

   たわみ取り鉢

                 


 【一夜漬け】

   たわみ取り鉢一夜漬け

 野菜の色を美しく見せれる器に仕上がりました!
 

 【たわみ小鉢】

   たわみ豆鉢

              


 【檸檬シャーベットとショウガのパウンドケーキ】

   たわみ豆デザート

 檸檬シャーベットを入れていただきました!たわませた形がちょうど人差し指と親指の間にフィットし、
器の口作りもスプーンがすくいやすいようになっていて満足の出来でした


  【焼酎カップ】

   焼酎カップ

               
       

   珈琲パフェ

 こちらの焼酎カップの形は、現在、つなぎでは定番で、いつも大人気
今会期中も、早々に完売しました
のーてぃすさんのご提案で、珈琲ゼリーパフェの器に変身しました

 

 私達の仕事は、器を作るだけでなく、当然「お客様にお買い求めいただく」ということで成り立っています。

自分たちの器がお客様のもとに嫁ぐにあたって、きがかりなことがあります。

 お客様にとって、使いやすいものであり愛用していただけるかどうか

 この点が、お客様にお買い求めいただくときに、一番気になることです。

器を手に取ってみることで、「重さが適当であるか」「手にしっくりなじむか」ある程度は、確かにわかります。
しかし、実際に使ってみないことには、本当の意味ではわからないと思うのです。


 「日常でよく使う器」とはどんなものであるか。

自分が一番重きを置いていることは、やっぱり、「視覚プラス触覚の使いやすさ」です。
「料理を活かす、使いやすい」ものが食卓によく上がります。

 以前、色やカタチなどの視覚的な好みで器を購入した経験もあるのですが、
結局、使いやすさがないものは、だんだんと使わなくなっていました。


 作り手ではあるけれども、使い手でもある私達。

作り手の自己主張だけで、作る器は作りたくないといつも思っていて、使い手であることを決して忘れないように
気をつけています。


 せっかく、お買い求めいただくのだから という思いと、

 やっぱり末永く愛用していただきたい という思いがあります。


 本当の意味でご満足いただいき、お客様にお買い求めいただくことに自分達は喜びを強く
感じているのだなと思います。

 
 私達にとって、「のーてぃす」さんは、器を作る上でも、使う上でも、器についてたくさんのことを
考え、想像できる本当にありがたい存在となっています

 
 
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

1

会期延長になったんだね。たくさんの人が来てくれるといいね♪

叩き壺!お花がはいると存在感が増すね!
本来の役割発揮!みたいな。
シブい高校生だったんだね(笑)

器の話しを読んで
つなぎさんが どういう器を作ろうとしているのかと
私が つなぎさんの器を好きな理由とが一致していると
改めて思いました。

これからも楽しみにしています♪

万里緒 | URL | 2011-09-23 (Fri) 11:29 [編集 ]


ありがとうございます☆

万里緒さん、いつもコメントありがとうございます!!!
 
 叩き壺、私も大好きな作品です♪

叩き壺を作っているときの旦那さんは、いつもと別人のように見えますよ(笑)


>つなぎさんが どういう器を作ろうとしているのかと
私が つなぎさんの器を好きな理由とが一致していると
改めて思いました。

 これは、最大の褒め言葉です!!!
心から嬉しいご意見です!!!

 私達の気持ちが万里緒さんに伝わっている証拠だなって、心が熱くなりました。
ありがたいお言葉をありがとうございます!
 

器工房つなぎ | URL | 2011-09-24 (Sat) 00:18 [編集 ]


 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。